研究基盤センター教職員との共同研究の実施に関して

 研究基盤センター(以下、センターという。)と共同研究を行う際は、ガイドライン(PDF)が定められておりますので、ご理解とご協力の程、よろしくお願いいたします。ガイドラインの概要を以下に示します。

【共同研究におけるセンター業務】
 1) 共同利用機器等を使用した新規解析手法の開発。
 2) 共同利用機器等の運用技術向上に必要であると認められる実験解析。
 ※ 国立大学法人琉球大学共同研究取扱規程に定める共同研究は対象外。

【手続きの流れ】
 1) 共同研究の希望者は、センターとの間で研究開発における相互の分担内容、経費負担、特許等について申請前に打合せを行う。
 2) 共同研究の申請者は、様式-1(共同研究申請書)によりセンターとの共同研究の概要等について記載し、センター長に提出する。
 3) 提出された申請書について、センター運営委員会で検討し、承認の可否を決定する。

【成果報告】
 1) 共同研究により得られた成果を学術集会、学術論文等において発表する場合は、センターに通知し、謝辞を掲載する。
 2) 申請者は共同研究の終了後、様式-2(共同研究報告書)を提出する。

【その他】
 1) 共同研究の実施期間は、承認された日から承認された年度の年度末まで。
   (継続を希望される場合は、再度様式-1をご提出ください)