機器レンタルサービスの概要

※ 平成30年3月までは試行期間により、レンタル料は無料とします。但し、レンタル期間は最長2週間とします。 ※

<はじめに>

 生命科学分野の共用機器(小型解析機器)を対象にした学内レンタルサービスです。様々な用途に応じて、各研究室(実験室)でご利用いただくことが可能です。

<利用例>
・学生実習等での利用
・卒研生の増加や、実験量の一時的増加への対応
・新規赴任教員等が研究環境を整備するまでの利用 など

<対象機器> ※詳細はリンク先を参照ください。
サーマルサイクラー(Veriti200(Veriti® 96-Well)) 1台(1,000円/1週間)  構成・注意事項
パルスフィールド電気泳動パワーサプライ(Pippin Pulse) 1台(650円/1週間)  構成・注意事項

<利用者>
・利用申請が可能なのは、研究基盤センターのカードキーを登録した経費負担者のみとする(学生及び学外からの利用申請は認めない)。
・基本的に申請者および、その所属研究室メンバー以外の利用は認めない。ただし実習等で使用する際には、その限りではない。

<機器レンタルサービスの流れ>
・下記の予約カレンダーで空き状況を確認の上、仮予約フォームから申込んでください。後日研究基盤センターのスタッフが予約内容を確認し、問題がなければ予約カレンダーに反映させます。
 ※手続きを円滑にするため、レンタルを希望する3業務日前までに申し込んでください。
・機器レンタルサービス利用申請書(WordPDF)をダウンロードし、必要事項を記入の上、使用を希望する前日までに研究基盤センターへ申請書を提出してください(学内便可)。申請書が受理されないと、貸出を行いません。
 ※機器レンタルサービス利用申請書の裏面に注意事項等が記載されてます。記載内容をご承知の上、申請してください。
・機器の貸出及び返却は、亜熱帯島嶼科学拠点研究棟(戦略的研究プロジェクトセンター)にて行います。

【問合せ先】
 研究基盤センター(内線:8967、E-mail:irc★lab.u-ryukyu.ac.jp(★部分を@に変えて送信してください))
 

機器レンタルサービス 仮予約フォーム

以下の項目を入力して[確認画面へ]ボタンを押してください。
*印の項目は必須入力項目です。
*
*
*
(確認用)
*
*
◆記入例:2017年12月1日
※空き状況を確認した上でご記入ください。
*
◆1週間単位、最長2週間です。
*
◆記入例1:●●実験(学生実験等)
◆記入例2:○○の研究(研究テーマ名等)
◆何か要望などございましたら、こちらにご記入ください。

機器レンタルサービス 予約カレンダー

前年2018次年
前月05次月
 
1
 
昭和の日

 
(振替休日)

 

 

 
憲法記念日

 
みどりの日

 
こどもの日

2
 

 

 

 

 

 

 

3
 

 

 

 

 

 

 

4
 

 

 

 

 

 

 

5